最後の晩餐・ゆめ

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

酔っ払いです(毎日)。その時その場所がワインバーでソムリエさんが立ち居振る舞い美しく、
片手をコの字にシャンパンボトルの底持ってグラスに注ぐ姿・好きです。

天空に舞い上がる泡・泡・泡
負けん気の強いとしやんも真似てみるけど落としそうになる。

ここでいきなりとしやんが関西で一番好きなソムリエさんのご紹介

男性は 神戸〇心館       〇本ソムリエ
女性は 北新地BAR 〇〇〇〇〇 〇瀬ソムリエール

そんなソムリエさんに必ず聞いて見るのが
(最後の晩餐に飲むワインは何ですか?)

今までに何人に問いかけただろう?

ボルドーにブルゴーニュ、シャンパーニュにイタリア、CAもあります。

ころり、バブルの頃ゴルフ場で(一番高いワイン)を注文したお客様。当然ロマネ・コンティが出てきて帰りサインの時「¥3,300,000」に青ざめた。慰謝料よりは全然安いよね~(誰の声?)最後の破産、、、。?

最後と言えば前にエンディングノートのセミナーを受けたとしやん、以降自分の最後をどうするか?真剣に考えるようになりました。

「死ぬまでにしたい10のこと」という映画がありました。無欲で世の中達観してしまった、としやんは死ぬまでに、したいことは、えっーーとあと5個ぐらいかな、、。

◎本邦初公開
① 不老不死温泉に行く(ヌクヌク)
② 手塚治虫先生の火の鳥を一気に読む(テーマは不老不死)
③ ドモホルンリンクルのサンプルを貰う(アンチエージング)
④ 花咲爺(近所の人は私をそう呼ぶ)のライフワーク
・さくら草をあと50回咲かせる(いつも綺麗にしてはるね~と近所のおばさま方(^O^)  ヨイショに弱い)
・毎年拾ってくる、どんぐりを育てて一万本のバラならぬ一万本の樫・クヌギを勝手(実はすでに実行犯)に市道、遊歩道に植える。
⑤ そしてそして最後はシャンパン&ワイン
枕元には 中原中也詩集 汚れつちまった悲しみに、、、
BGMはマーラー(Mahler)交響曲第2番「復活」

おあとがよろしいようで。