大阪にカジノがやってくる?

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

ギャンブル万歳。カジノが大阪の夢州(ゆめしま)に誘致される可能性が高くなってきました。正式には複合型リゾート。カジノの他にも国際会議場・見本市会場・ショッピングモール・アトラクションスペースと、なんでもありです。 さらにUSJと鉄道でつなぐと。 人工島に咲くミラクルワンダーランド。スパとマリンスポーツの運営も考えて欲しいですね。

ラスベガスに行ったことがあります。スロットマシーンに少し触れただけですが、ルーレット・ブラックジャック、砂漠の不夜城はまばゆいばかりでした。ホテルのロビーを(アマゾネス)のようなブロンド女性がチュニックでシャンパン運ぶ姿が瞼からしばらく離れることがありませんでした。 巷間囁かれる治安については、パスポート管理とIDカードの義務化でクリアできるはずです。東京オリンピック・パラリンピック開催に間に合うように、白黒ハッキリしてもらいたいです。

さて今回ご紹介のお店は、聖徳太子ゆかりの大阪・四天王寺夕陽丘にある(ワッシーズダイニング・スープル)です。ビル1階がワインショップ・ デリになっています。3階のダイニングは広く、カウンター10席、テーブル席はテラスも含めて36席、個室12席、入口には1000アイテム以上のワインが高さ3メートルのセラーに鎮座しています。圧巻です。  店内のワインリストはボトルワインが2000円~、グラスワインも充実です。 コースメニューは岩田シェフの優しい人柄を盛り込んだフレンチの一品が並びます。今の時期ならトリュフをあしらった、スクランブルエッグ・リゾット・ピザ・パスタとどれもオススメです。  定期的にワインの作り手を招いてのセミナーもあります。

さてさて春の足音が聞こえてきました。ギャンブルも大好きですけど 四天王寺界隈の社寺巡り、織田作之助作品にも登場する天王寺七坂のそぞろ歩きに心地よい季節を迎えます。余談ですがその時には大道芸人のオジさん(失礼)の練習も見ることができるかも、、。四天王寺好きです。 そして私は桜の開花日予想、ロト6予想でもしながらお花見ワインします。ロゼワインが春には似合います。 しなやかな時です。 春よこい♬早くこい♬