カテゴリー別アーカイブ: ワイン四方山話(寄稿)

夢のあとさき

としやんのワイン四方山話☆ゲストとしやんの寄稿文です。☆

おいしいもの食べて、遊んでくらしたいな~ 最近の口癖です。

きっかけ?は長年気になっていた「睡眠時無呼吸症候群」の診察検査結果、かなり重症と言われたこと。ま、すでに人生のターニングポイントをはるかに超え怖いものなどない私ですから、、。最悪の場合突然死ということも考えられますと、ドクターに脅かさ れても顔色ひとつ変えないです。先生何かええクスリないんですか?反面毎日遊んで(引きこもって)ばかりだとボケ老人になってしまうの指摘もあり、慌てて急に本にむしゃぶりついたのです。

かの浅田次郎先生曰く「すべての芸術の中で最も脳細胞を活性化させる媒体が文学である」いささか手前味噌の感ありですが、乱読の日々。以下 神様のボート、遥かなる水の音、夏の庭、ほったらかし投資術、億万長者になれる株入門、月の破片、号泣する準備はできていた、火花、河童、女の絶望。なにか傾向と対策が垣間見えます。

時すでに火花ではなくて花火の季節です。ひまわりはサカリを過ぎてしまいましたが朝顔は夏のあいだ、ずっとずっと咲き続けます。毎年のグリーンカーテンをゴーヤからフーセンカズラに変えて窓に這わせました。名前のようにピンポン玉ほどの風船を作ります。面白いのが風船が熟すと中にほぼ三個の種を採ることができ、正露丸程の黒丸にハート型のマークがついています。なんていうことなんでしょう、、、癒されます。

今回のお店は四天王寺夕陽ケ丘の「オーソレイユ クーシャン」です。フランス家庭料理とビオワイン。シェフと奥様が切り盛りします。丁寧で、しっかりした味わいの品々が並びます。ふたりはフランスのリヨンで出会い2011年地名と同じオーソレイユクーシャン(夕日 夕陽)をオープンしました。前菜・メイン・デザートともに手作り感満載、火入れ・ソースのさじ加減も抜群でアットホームな料理はボリュームいっぱいです。2015ミシュランガイド評価・ビブグルマン(リーズナブルで価値の高いお店)に選ばれています。

さて、宮古あずさ氏の著書にあるブルースシンガーが言った言葉として何かがないからさみしいんじゃない。何かがこうあってくれればって思うからさみしいんだよ。滲みます。新藤兼人氏は言ってます。人間食って寝て絡んで食って寝て そして終わるのだ

鼻詰まりのおっさんは思うのです。まだはもう、もうはまだ。酷暑乱読妄想の中、花は花は花は咲く♬ 近所迷惑・音痴で失礼します。

※ フウセンカズラ
ムクロジ科の植物
風船状の果実を見て楽しむ
ハートが可愛い種子

フウセンカズラ

フウセンカズラの種子

大阪市市長選挙

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

大阪都構想否決によって11月に大阪市市長選挙が実施されます。次の市長で第20代になります。私的・大雑把にぜひ次の市長には地元大阪で生まれ育った大阪初の女性市長の誕生を希望します。庶民感覚を持った(大阪のおばちゃん)のようなひとに大阪を元気で面白く活気のあるユニークな都市にしてもらいたいと思います。橋下さんは嫌いじゃないけど、大阪・都という名称が第一にあかんでしょう。大阪は商人のまち、商売商売儲けてなんぼです。みんなでお金を回しましょう。

そして以下おもいつくままに(縄張りとかは無視して) 新・市長にお願い
① 御堂筋の日曜日歩行者天国の開放(スポンサーエリアも設定)
② 大阪城天守閣マラソン→ハーフマラソンに(月1回)
③ 天王寺公園の開放(屋台・カラオケ・大道芸なんでもあり)天王寺イルミナージュのボリュームアップ
④ 平日シニア世代65歳?以上への地下鉄・市バスの無料化
⑤ 大阪駅北エリアを市民の寄付、植樹1本10万円とかで
人口の森を作って、有料のサイクリングロード設置
⑥ 外国人観光客にボランティアガイドの募集、学生参加型に
⑦ 公共施設の全Wi-Fi化
⑧ 冬の花火大会の開催(何か問題ある?)
⑨ ウオーターフロントの活性化
⑩ 伝統芸能保護とエンターテインメントの発掘(吉本ではなくて)
東京一極集中反対。

今回ご紹介のお店は「HAZIME」です。私の中ではフレンチのNO.1です。一言で表現するのは難しくありきたりですが、この料理には哲学があります。完成された芸術作品です。ぜひ大事な人と、この作品を堪能して頂きたいと思います。予約が取れた場合は、一週間前より体調を整えておいて、はじめシェフの世界観・宇宙と遭遇してください。

さていつのまにか今年も半分過ぎ、各地で夏祭りの時を迎えます。先日暑くなる前に、徳島県の秘境・大歩(おおぼけ)小歩危(こぼけ)かずら橋、祖谷温泉に行ってきました。ぬるめの秘湯に一時間浸かって何もしない贅沢を味わいました。硫黄が身体に染み込みました。現実から逃げ出したい・・・なんて。

祖谷蕎麦食べてリフレッシュして拙宅に戻ると早くも、ひまわりの開花です。♫誰のために咲いたの?それはあなたのためよ~。一人芝居は悲しい・・・。さあ、ひとりライザップで心身ともに鍛えよう。テクマクマヤコンテクマクマヤコン 素敵オジさんになーれ。

大阪ダックツアー

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

安・近・短で大阪ダックツアーに行ってきました。水陸両用バスで巡る水都大阪90分の旅です。

ダックなのになぜかカッパの絵が描れた、ド派手な車体は天満橋をスタート。土佐堀~御堂筋~本町通りと走り桜ノ宮公園の狭いスロープよりワン・ツー・ゴー♫の掛け声ともに大川(旧淀川)にスプラッシュインします。 ガイドさん曰く「10回に1回はそのまま沈みます」今回残念ながら、サプライズは無くバスは瞬時にクルーザーにと変身して、ゆっくりと大川を流れていきます。右手に桜ノ宮公園の並木、左手には大阪城と旅の視点も変化します。

古い歌にあるように大阪は八百八橋(本当は200程)水辺とともに発達したのがよくわかります。 近年あらためて「水と光のまちづくり」→中之島ゲート・北浜テラス・とんぼりリバーウォークというように 進んでいます。 ワラケルノガ、橋下さんの作った桜ノ宮ビーチ・幅140mの人口砂浜です。遊泳禁止です。

先日、大阪都構想が否決されましたが橋下市長にはスケール大きく都島橋から毛馬橋にかけてマングローブの林を作って大阪熱帯クルーズツアーとか天満橋の噴水ショー(ラスベガスのパクリ)さらには水質改善して、道頓堀からのトライアスロンなんて実行して欲しかった。

今回ご紹介のお店は「天満橋リバーカフェ」「GARBweeks北浜」です。

天満橋のお店は夜対岸にライトアップされた景色を楽しみながら、わいわいがやがやワインとタパスでヒートアップしましょう。GERBはいつも圧倒的に女性客の多い店で、ガールズバーベキュープラン(ピンチョス、海老のスパイシーソテー、窯焼きマルゲリータ)あり。飲み物はサングリアにトロピカルカクテル、イタリアンソーダもあります。

ウオーターフロントという言葉が生まれて、かなりな時間が過ぎています。全国的にオシャレな水際ビジネスが浸透しています。 魚も人も自由に泳ぐことができる「綺麗な川」を復活してもらいたいとおもいます。そして大阪は大阪らしく、水辺に立ち並ぶ手作り屋台で、気軽に串カツ焼き鳥、たこ焼き・いか焼きなんかを肴に、きつね(けつね)うどんも忘れず。ビール 日本酒 焼酎 ワイン 飲むも良し、リーズナブルなナイトクルーズで気分転換もまた良し。

おもろいまちづくり しましょう。

淋しい熱帯魚

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

先日チェーホフの「三人姉妹」を観劇しました。上流社会の人たち、夢に破れ、さ迷い、再びモスクワに帰ることだけに夢と希望をつなぎながらの人間模様。 冷涼で広漠とした大地に流れる灰色の時と彼らの寂寥感、、、。心が痛い。

宮沢りえは凛として美しく、蒼井優は妄想をはるかに超え、可愛い。

イヤイヤ、一番の感動はマッサンでお馴染み堤真一が舞台に映えその存在感は光輝き、カッコいい~。彼のパッションは、突きぬけていました。昔、京香さまが惚れたのがよくわかる(余談でした)

さて小市民の私の小さな夢、広いリビング大きな水槽で熱帯魚を飼う。アルビノネオンテトラ・ブリリアントグリーンディスカス・アラビアンエンゼルフィッシュ・カクレクマノミ(ニモ)アクアプレコ ♬さかなさかなさかな~ぎょぎょぎょ~

てなわけで?今回ご紹介のお店は「心斎橋ライム」「梅田ライム」です。

深海をイメージした漆黒で広い店内、9面のアクアリウムには1万匹の熱帯魚が舞い踊ります。カップル席の目の前には二人だけの海底が展開します。竜宮城で時の経つのも忘れて、、。料理はというと、今なら熟成ローストビーフ贅沢食べ比べ・バーニャカウダ・牛すじひつまぶし・特製チーズケーキもあります。 フリードリンクも充実、オリジナルカクテルにビール、赤・白ワインにスパークリングワイン(試飲用のワインもあり)ソフトドリンクもいっぱい。誕生日の主役にはサプライズも、、、、。

さて春は別れと出会いの季節。そしてマッサン曰くの「挑戦と冒険」が似合う時です。私の住む北摂には今1300戸を超えるマンションが立ち並び、パナソニックが全額寄付で賄うサッカースタジアムが建設されています。その近くには水族館もできる予定とか。街は刻々と変化します。人にも四季に合った表現と行動が必要です。

振り返り、この一年は自分の無力と商品価値?がよくわかった一年です。忘れることのない貴重な時になりました。古い人間ですが、チャレンジとアドベンチャーの気持ちで変化します。

SEKAI NO OWARI から始めよう

大阪にカジノがやってくる?

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

ギャンブル万歳。カジノが大阪の夢州(ゆめしま)に誘致される可能性が高くなってきました。正式には複合型リゾート。カジノの他にも国際会議場・見本市会場・ショッピングモール・アトラクションスペースと、なんでもありです。 さらにUSJと鉄道でつなぐと。 人工島に咲くミラクルワンダーランド。スパとマリンスポーツの運営も考えて欲しいですね。

ラスベガスに行ったことがあります。スロットマシーンに少し触れただけですが、ルーレット・ブラックジャック、砂漠の不夜城はまばゆいばかりでした。ホテルのロビーを(アマゾネス)のようなブロンド女性がチュニックでシャンパン運ぶ姿が瞼からしばらく離れることがありませんでした。 巷間囁かれる治安については、パスポート管理とIDカードの義務化でクリアできるはずです。東京オリンピック・パラリンピック開催に間に合うように、白黒ハッキリしてもらいたいです。

さて今回ご紹介のお店は、聖徳太子ゆかりの大阪・四天王寺夕陽丘にある(ワッシーズダイニング・スープル)です。ビル1階がワインショップ・ デリになっています。3階のダイニングは広く、カウンター10席、テーブル席はテラスも含めて36席、個室12席、入口には1000アイテム以上のワインが高さ3メートルのセラーに鎮座しています。圧巻です。  店内のワインリストはボトルワインが2000円~、グラスワインも充実です。 コースメニューは岩田シェフの優しい人柄を盛り込んだフレンチの一品が並びます。今の時期ならトリュフをあしらった、スクランブルエッグ・リゾット・ピザ・パスタとどれもオススメです。  定期的にワインの作り手を招いてのセミナーもあります。

さてさて春の足音が聞こえてきました。ギャンブルも大好きですけど 四天王寺界隈の社寺巡り、織田作之助作品にも登場する天王寺七坂のそぞろ歩きに心地よい季節を迎えます。余談ですがその時には大道芸人のオジさん(失礼)の練習も見ることができるかも、、。四天王寺好きです。 そして私は桜の開花日予想、ロト6予想でもしながらお花見ワインします。ロゼワインが春には似合います。 しなやかな時です。 春よこい♬早くこい♬

大阪あわわっ

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

バブル前夜だそうです。今年2015年は。
ま、経済学者の言うことは当てにはならないけど、、、。
市場に金をじゃぶじゃぶバラ巻き公共事業、ではなくて住宅ローンの逆・ゼロ金利政策、産業別平日・休日設定の義務化、定年制延長(65歳迄雇用)への優遇税制といくらでも方策はあります。

さて念頭にご紹介のお店は天王寺駅から四天王寺に向かって歩きます。途中勉強したり、疲れたらお昼寝しましょう・というような建物をすり抜けたところにある(ビストロ○○ダ)です。
モノトーンの室内はいつも満席です。美人のママが両手両足使い、受話器を耳に挟みながら多国籍料理を作ります。「いらっしゃいませ~」「わかりました~」と1オクターブ高いママの声はルックスとは別にマニアにはたまりません、、。(海老とアボカドのタルタル)プリプリ海老と食べ頃を選んだアボカドにレモン、ドレッシング、黒胡椒を絶妙に絡ませます。(牛ほほ肉の赤ワイン煮こみ)天満の隠れ家的フレンチ・DE○○で修行した一品は濃厚なワインソースにスパイスが溶け込みます。 ひとりで店を仕切るこのひとは只者ではない、、、、。 ひとつだけ残念?なのは美人ママ、アルコールはまったくダメだとか。もちろんメニュにワインはあります。持込みOKです(別途持込み料あり)眠っているお宝ワインで盛り上がりましょう。

現在としやんは生活の糧をワインマネキンに置いています。郊外にあるデパートのお客様は高齢の方が多いです。その中、ボジョレーヌーボーの解禁日、一日で100本売りました。クリスマスにはシャンパン(スパークリングワイン)を一日80本売りました。三日間で180本(^O^) 売りました。

約30年前のバブル期、北新地では3万円以上のシャンパン・ドンペリが飛ぶように売れました。「今バブル」は形を変えて敷居の高いレストランからビストロに、外で高いお金を使うのではなくて、クオリティーの高いワイン・シャンパン買って家でプチバブルします。

前の教訓として、偉そうなことを言わせてもらいます。今年のテーマは地方創世。日本の歴史・文化伝統を軸にした地域・観光の掘り起こしではないでしょうか?外国観光客に大人気、梅田の空中庭園もいいけど、、、?パートナー・ライフワーク・ネイチャー、泡と消えないようにみんなで花を咲かせましょう。

※ワインマネキン
デパート、スーパーなどのお酒売り場で、お客様にワインを試飲してもらい販売促進する仕事。

やってみなはれ

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

師走です。今年はドラマチックな一年でした。中身は省略。

学生のときにシナリオスクールに通ってました。「シナリオ・ドラマとは起承転結である」というのだけ覚えています。四つのキイワードを与えられてシナリオ制作します。(山手線・公衆電話・ニシンそば・年末調整というふうに) キイワードの順番を変えるだけで無数のドラマが生まれます。創作・クリエイト、今では霞んでしまった言葉ですが、めまいがしそうな響きです。

大袈裟に言えば、生きていくということは何かを残していくこと、そして失っていくことではないでしょうか。何もしないとだるまさんになります。

さて、「マッサン」見てます。20数年前にニッカの余市蒸留所に行きました(自慢?)かの地を見つけウヰスキーを作った竹鶴政孝氏は偉大です。ひげが素敵です。以降としやんは、ウヰスキーはニッカと決めました。ドラマのマッサンは面白いのですが、興味深いのはマッサンでもエリーでもなくて、サントリーの創業者・鳥井信治郎氏モデルの鴨居商店社長(堤 真一)ではないでしょうか。あまりにも有名なサントリーの〈やってみなはれ〉狭いサラリーマン生活しか知らない、としやんにとっては〈ありえへん〉言葉です。説明省略ですが企業・会社には自由な空気など流れてはいないのです。

今年自由業に転身?した、としやんは思いました 「籠の鳥 自由になれば 過去の鳥」 愚痴と角ある言葉はさておき今回は実名、楽しくウヰスキーに酔いたい方は北新地「十年・とうねん」お勧めのお店です。マスターも時を重ねて熟成してます(ごめんなさい)

さてさて、ワインです。ヌーボー解禁日としやんは京都のデパ地下にて ワインマネキンしてました。ひとりで12本買ってくれたおばちゃん(おばさま)ありがとう、きっといいことありますよ(^^♪  いらしゃいませ~いらしゃいませ~お祭り大好き(^_-)-☆

メリクリイブには○満橋でワイン売ります。冬にはホットワインも良いですね。振り返り今年は酒量を抑えたのでワイン80本日本酒60本その他20本ぐらいかな? 新しい年がきます。

そろそろ酩酊より目覚め来年は新しいことにチャレンジします。しようかな優柔不断なとしやんの背中、誰か押して~

あんさん やってみなはれ

最後の晩餐・ゆめ

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

酔っ払いです(毎日)。その時その場所がワインバーでソムリエさんが立ち居振る舞い美しく、
片手をコの字にシャンパンボトルの底持ってグラスに注ぐ姿・好きです。

天空に舞い上がる泡・泡・泡
負けん気の強いとしやんも真似てみるけど落としそうになる。

ここでいきなりとしやんが関西で一番好きなソムリエさんのご紹介

男性は 神戸〇心館       〇本ソムリエ
女性は 北新地BAR 〇〇〇〇〇 〇瀬ソムリエール

そんなソムリエさんに必ず聞いて見るのが
(最後の晩餐に飲むワインは何ですか?)

今までに何人に問いかけただろう?

ボルドーにブルゴーニュ、シャンパーニュにイタリア、CAもあります。

ころり、バブルの頃ゴルフ場で(一番高いワイン)を注文したお客様。当然ロマネ・コンティが出てきて帰りサインの時「¥3,300,000」に青ざめた。慰謝料よりは全然安いよね~(誰の声?)最後の破産、、、。?

最後と言えば前にエンディングノートのセミナーを受けたとしやん、以降自分の最後をどうするか?真剣に考えるようになりました。

「死ぬまでにしたい10のこと」という映画がありました。無欲で世の中達観してしまった、としやんは死ぬまでに、したいことは、えっーーとあと5個ぐらいかな、、。

◎本邦初公開
① 不老不死温泉に行く(ヌクヌク)
② 手塚治虫先生の火の鳥を一気に読む(テーマは不老不死)
③ ドモホルンリンクルのサンプルを貰う(アンチエージング)
④ 花咲爺(近所の人は私をそう呼ぶ)のライフワーク
・さくら草をあと50回咲かせる(いつも綺麗にしてはるね~と近所のおばさま方(^O^)  ヨイショに弱い)
・毎年拾ってくる、どんぐりを育てて一万本のバラならぬ一万本の樫・クヌギを勝手(実はすでに実行犯)に市道、遊歩道に植える。
⑤ そしてそして最後はシャンパン&ワイン
枕元には 中原中也詩集 汚れつちまった悲しみに、、、
BGMはマーラー(Mahler)交響曲第2番「復活」

おあとがよろしいようで。

ノヴェッロ(NOVELLO)を飲べっろ

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

食欲の秋です。そば党のとしやん、無性にパスタが恋しくなるときがあります。 今回最初にご紹介のお店はイタリアンの超有名店なので、オステリアのみ。 イタリアンシェフがオープンキッチンからお出迎え、ヴォンジョールノ♫ パスタ・ワインともに、直輸入のためひと味・ふた味違う。(生うにのイカ墨入りタリオリーニ) (モンサンミッシェル産ムール貝と辛口トマトのバベッティーネ)書いてるだけでも美味しそう、、、。ワインも充実、レアなフランチャコルタ(北イタリアのスパークリング)も楽しむことができます。 ここで脱線、別のお店。としやんお気にの店が西梅田にありました(過去形)ところが昨年忽然と消えていました。オーナーはイタリアンを絵に書いたような(私のイメージだけ?)陽気で人慣つっこく、声が大きいサルバトーレ○○○○○ オーダーしたパスタとまったく違うものを平気で「おまた~せ」 しかも鼻歌まじりで。サルバトーレはどこに?  悪口書いたら、ひょっこり 現れそうなので不本意ながら、、、彼に纏わる、はなしを。店を知ったのはとしやんの友人の友人から。最近イケメンビジネスマンと結婚したばかりの彼女。 ワインでほろ酔いの時に「前にイタリア人と付き合っていたの」とポツリ。 それじゃ、イケメン(勝手に)イタリアンを見に行こうってんで、旗(もちろん 三色の)立ててトラットリアに♬ 再開はドラマチックにと、取り巻きの目も 気にせず、「お久しぶり」とやさしく微笑んだ彼女にサルバトーレがひとこと 「どなたでした?」  吉本でなくても皆こけた、、、。 さてさて来月はボジョレーヌーボの解禁です。イタリアにもあります。 ノヴェッロといいます。フランスよりも三週間早く10月30日解禁です。 イタリア全土で、その年に収穫したブドウから作られます。 さあ皆さんワインに乾杯、新酒に乾杯、祭りだ・祭りだ・わっちょい(^O^)


トラットリア  カジュアルなレストラン
オステリア   オシャレなレストラン
リストランテ  高級なレストラン
(としやんの解釈です)

北新地本通りど真ん中

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

はじめまして、としやんです。 ワイン愛好歴30数年、飲んだワインボトルの数も5,000本までは覚えていたような、、、 そんな私がおもいつくままに、ワインにまつわるちょっといいはなし、ほろにがい思い出を綴りたいとおもいます。
さて、サラリーマンの憧れ・大阪は北新地に流れついて幾年月、世に言う(ワインバー)の数はわずか50軒とか。毎週1軒行けば1年で制覇できます。
そんななかで、北新地本通りど真ん中に位置するカウンター6席・テーブルは一つのお店が初回ご紹介の店「○○り」。
三文字の看板は品良く、ビル入口には「この階段を登った先に新しい世界が拡がります」と小さな文字。
クラッシックで重厚感のある扉を開くと、そこに人生の楽園が現れ、ジャン・レノ(をちょいと太めに)したような楽園の道先案内人が、やさしく迎えてくれます。
客は黙って座り、きょう今の気分を伝えましょう。多く語りたくなければ、気分を色に変えてブルーでもピンクでも大丈夫。
ワインにうるさい貴方なら、短く「泡・白・赤・ピンクじゃなくてロゼ」で結構。マスターが迷子にならないように、セレクトしてくれます。一日ビジネス戦士を務めたジェントル、華麗に舞ったビジネス聖女のレディも、あとはお任せ。もちろん(ゴルゴンゾーラのポテサラ)(トリュフの冷製パスタ)もオンメニュー。 夜は6:00オープン翌朝3:00まで続きます。
ころり変わって、酔いどれ・としやん(私です)は25歳の冬をまたずに、ワインバーならぬシヨットバーで出会った女性に一目惚れ、強引なアタックで生涯の伴侶を見つけました。以来二人で飲み歩くこと10数年。めっきりアルコールに強くなってしまった奥様。 今はおんな吉田 類(you know?)を自負し、お気にのワインを探しに行ってます。 行ったままです。♫帰ってこいよ~帰ってこいよ~ 帰ってこ~いよ~(´;ω;`)
さて夜も更けて酔っ払いを送り出した、北新地ワインバーのマスターは、これからもうひと仕事。
可愛い娘のお弁当を作ります。きょうはおむすび一個にだし巻きたまご、からあげくんにミニトマト。ブロッコリーも忘れずに、、、。
始発電車の時がきて、新地から眺める朝日が眩しい、そしてワインの美味しい季節です。

toshikazu hara