カテゴリー別アーカイブ: 身辺雑記帳in大阪

人前での話し方講座

先日、某放送局に在籍されている方の「人前での話し方講座」を受講してきました。その中身の面白くて時間の経つのが早かったこと!どれだけ面白かったかと言うのは、「あいうえおのルール」と言うもの(その方の講座では必ず守らなくてはならないのだとか。)を聞いただけでもわかっていただけるかと思います。

あ・・・あくびをしない。
い・・・居眠りをしない。
う・・・ウロウロしない。
え・・・エラそうに聞かない。
お・・・面白くなくても笑う!

「上手に話す必要はない。伝えようと思う強い意志があれば必ず伝わる。」と言うメンタルな話(「ラジオの『名パーソナリティ』は、必ず『泣き』か『怒り』のどちらかのタイプであって、別に上手に話しているわけではない、と言うような話も説得力=大。)だけではなく、元アナウンサーさんだけあって、テクニカルなお話も多くてすごく勉強になりました。

最初は「(相手に)声が聞こえなければ話にならない。」と言うことで、受講以来、私は人前でお話をする時は事前に

◎大きなため息をつく(喉を開いて大きな「声=空気の振動」を出せるように。)
*ちなみに「ため息をつくと幸せが逃げる、と言うのはマチガイで、大きなため息をつくのはストレス発散になり、結果、幸せになるそうです。
◎ゾンビのため息(これも喉を開くとともに、腹式呼吸が出来て大きな声が出しやすい。)をつく。
◎和田アキ子の「ハッ!」をやる(これも喉を開くため)
◎「あめんぼ赤いなアイウエオ」の発声練習をする(滑舌を良くする)
◎「お綾や母にお謝り。」の発声練習をする(滑舌を良くする)
◎「アエイオエオアオ」の発声練習をする(滑舌を良くする)

をせっせとやっています。(自宅でやってると、特にゾンビのため息の時はネコ達が「ナンダナンダ!?」とビックリしています。)

あと、いろいろ「開く」のも大事で、先ずは心を開く。そして、目を大きく開くと大きな声が出る、「間」を上手に開くとテンポ良く話が進む、手を開くとオープンな雰囲気が出る(手のひらを下に向けたらお化けの暗い雰囲気に。)上を見ると喉が開いてハキハキと喋られる、などと言うことを学びました。

あと、これも「間」の話ですが、面接などでは、名前を呼ばれたら「勝った!」と心の中で言ってから「ハイ!」と返事して立ち上がるとちょうど良い感じだそうです。(注※実際に声に出して言ったらダメ。)また、自己紹介などでは第一声「こんにちは!」を元気よく言い、少し間をおいて話し出すと後はスラスラと進むのだそうです。

マイクを持ち立ったままで話すときは、1歩前に踏み出してから話し始めると良いとか。(今度やってみよう。)

そうそう、その方は舞台に上がるときなんかは「若々しさを演出するために」あえて駆け足なんだそうです。うーん、深い。

「アニマルポリス・ホットライン」(動物虐待事案等専用相談電話)

10/5、シンポジウム「日本版アニマルポリスの実現に向けて」が開かれました。

「日本版」と言うからには、イギリスやアメリカ等の海外においては既にアニマルポリス(虐待など動物に関する犯罪を取り締まる組織・職名)があるわけで、逮捕権を有している場合もあります。

日本においては、「動物犯罪は人間に対する犯罪の予兆」と言う観点からも兵庫県で「アニマルポリスホットライン」が新設されました。今年の1月から運用が開始されています。

詳しくはこちら
兵庫県警察トップページ>県警トピックス>「アニマルポリス・ホットライン」(動物虐待事案等専用相談電話)

シンポジウムでも「先ずは通報しましょう。」と言うことが何度も繰り返されていました。

これほど画期的なシステムでも利用しなければ絵に描いた餅になります。

下記の様な事案に遭遇したら迷わず通報しましょう。

◦犬や猫などを殺したり傷つけたりする行為
◦犬や猫などに餌を与えず衰弱させる行為
◦犬や猫などを捨てる行為


北海道の友人作です。エンディングノートのイラストをお願いしています。
大阪の行政書士HP画像2014年ナオ

 

wordpressメモ(メディアボタン無反応)

大阪の行政書士事務所2014年9月コトラ

wordpress4.0にバージョンアップしたところ、メディアボタンとかリンクボタンとか一部のボタンが反応しなくなった。ネットで当たってみたらプラグインのどれかが悪さをしているかも知れないとのことなので、一つ一つ「停止→ボタンのテスト」をして試していくとComprehensive Google Map Pluginを停止するとボタンが反応することを発見。有効化すると元に戻る(無反応)ため、今は停止状態に。
なので現在は「事務所概要」の周辺地図が出ません。わーん、どうしよう。

10/2 追記   あっ、いけたみたい♪

 

杉本彩さん財団法人設立記念パーティ

大阪の行政書士事務所2014年9月杉本彩さん

 

 

 

 

 

 

 

杉本彩さんの財団法人設立記念パーティにお邪魔しました。

会場で久々にお会いしたネコトモさんに「ネコ、何匹になった?」と聞いたら、知らない間に10匹に増えていた!

彼女の場合、どの子も保護猫ですが保護のいきさつを知ってるのはミルキーちゃんに関してだけです。

ミルキーちゃんはオッドアイの綺麗な白猫ですが保護当時は汚れまくりで頭のてっぺんに蚤の糞が渦を巻いている子猫でした。しかも増水したら逃げ場がない大正区の川に捨てられていたので、ネコトモさんによる救出劇があったのでした。

で、ヒトが下りていけるような場所ではないため、ロープでゆわえた捕獲器を橋の上から下ろし、待ってる間に腹ごしらえをしようと言うことになりました。

捕獲器を置いたまま遠くに行くのも不安なので近くの喫茶店に行き「ハム抜き、卵抜きのピラフ」を食べ、支払を済ませてお店を出ようとしたら、ママさんらしき人に呼ばれて「あなたねー、これから結婚して子供も産まなアカンのに、好き嫌いしてたらダメよ!」と諭されてしまいました。

で、「結婚だの出産だの」の時期はとっくに過ぎてるもので「あらっ、若く見えるんやね♪」とチョット嬉しかったせいか「好き嫌いではなく思想的な理由なんですけど。」「価値観の多様性を否定なさるおつもりですか?」などと反論することもなく「は~い。」と返事してお店を出て現場に戻ったらミルキーちゃんが捕獲器に入っていました。よほどお腹が空いていたのでしょう。

話戻って杉本さんを見て、パーティの鉄則を学びました。

腕を出すべし!

まあ、杉本さんの場合は強烈な美貌ゆえに「丸首のシャツ&ステテコ」姿でもお洒落に見えるのでしょうが、私たち一般婦女子においても腕(出来れば肩まで)を潔く?出してる方がパーティ会場ではダンゼン華があります。視覚的に美しいかどうかはさておき、腕(肩)を出した姿はある種の気合いを感じさせるんですよね。

大阪の行政書士事務所2014年9月わんこクッキー

 

 

 

 

 

 

 

わんこクッキーを焼きました。 材料は「薄力粉、ベーキングパウダー、おから、蜂蜜、豆乳、サツマイモ、スキムミルク、きな粉、黒ごま、無塩バター&無塩マーガリン」 もちろん人間が食べてもOKです。

書士2014年9月マロちゃん

 

 

 

 

大阪の行政書士事務所2014年9月マロちゃん2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まろちゃん2態。警察の保護わん子です。優しい里親さんに引き取られました。

大阪枚方市「鍵屋資料館」の「くずし字に親しむ」(親しめませなんだ)

大阪の行政書士事務所2014年8月鍵屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鍵屋浦には碇がいらぬ。三味や太鼓で船止める」の大阪は枚方の鍵屋資料館にて古文書を読み解く講座を3回シリーズで受講しました。テキストはどこかのおうち(旧家)から出てきた覚え書き。私文書です。なので字体だけではなく文章やレイアウトにもその人独特の癖があり、のっけから「ああ、むずかしーー。」と頭を抱えました。

大阪の行政書士事務所201408古文書1

 

 

 

 

 

 

表紙から順に読み解くのですが、書の心得のない私に私にとっては古代メソポタミア語に等しい難解さ。

例えば、このぐにゃぐにゃした文字は何か?

大阪の行政書士事務所201408古文書2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「くずし字解読辞典」が活躍します。
大阪の行政書士事務所201408くずし字辞書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきの「ぐにゃぐにゃ文字」を手書きするとこんな感じになります。

で、先ずは、一筆目を探ります。

すると矢印の方向になります。

大阪の行政書士事務所201408古文書3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一筆目と言うのは下記5種類の内のどれかに当てはまるのだそう。

この場合は「斜棒」なのでその頁を見る。

大阪の行政書士事務所201408古文書4

 

 

 

 

 

 

そして載っている中から、それらしきものを探し、その頁を見る。

大阪の行政書士事務所201408古文書5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、またまた載っている中から問題の漢字に一番似ているものを探す。

すると、どうやら上記「ぐにゃぐにゃ文字」は「然」と言う字であるらしい。

大阪の行政書士事務所201408古文書6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常日頃、粘着気質を誇る私ですが、力量のなさ故、この作業はとんでもなくしんどい。何の字かわかった時の喜びよりも疲労感(特に目の疲れが甚だしい~。)の方が「はるかに大なり」です。2mの山芋を折らない様に苦心して掘り起こした時の方が何倍も達成感ありそうです。(山芋掘ったことないけど。)

なお、この古文書の内容ですが、地元の堤防が切れた顛末について書いてあり、あらすじをざっと言うと、「新田開発のために庄屋たちが代官に堤防の付け替えを願い出た。すると、その新しい堤防が切れたら自分たちの田んぼが大変なことになると下流の村々がクレームを付け、トラブったので代官が責任を取らされ切腹か流罪になっちゃった。とは言え、村々の訴えは斥けられ、堤防は付け替えられた。しかし、新しい堤防は切れてしまった。そして『もし堤防が切れたらどんな罪にも仰せつけてください。』と証文を提出していた庄屋たちも落ちぶれて失踪してたりで今となっては誰も責任を取るものがいない。」と言うものでした。

悲しっ。

 

 

三谷文楽「其礼成心中」

大阪の行政書士事務所20140817三谷文楽1

大阪の行政書士事務所20140817三谷文楽2

前から気になっていた三谷幸喜氏脚本の文楽が京都で上演されているのをネットで知り、ダメ元で予約してみたところ案外あっさりチケットが取れたので観てきました。

「若手公演」を観に行ったら演じている方は皆さん50代ぐらいで、太夫が60歳前で亡くなったりしたら「あの人も、もうちょっとしたら一人前やったのに、惜しいことをした。」と言う様な業界なので、顔ぶれの若さはかなり斬新な感じがしました。

ただ、天才三谷氏も、文楽と言う枠組みの中ではあまり大きな冒険も出来ないのか(良く言えば古典に忠実なのですが。)ちょっとだけ持ち味出してみました的な感に留まり「これぞ三谷ワールド!」とまではなってなくて、正直やや期待外れと言った感じです。

国立文楽劇場でやってる本ちゃんの文楽も時には観客を笑わせる滑稽なシーンがあるので、現代語を盛り込んでみたりするお茶目程度では大して面白いとも思えず、人形の動作など見た目の美しさでは完全に負けてるな、と思いました。

三谷氏は「やっぱり猫が好き」以来好きな作家ですが、こと文楽に関してはやっぱり正攻法で本ちゃんを応援していこう。

猫最中食べ放題

大阪の行政書士事務所201407猫最中3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした集まりに猫の顔と肉球を模した最中の皮(ネットで取り寄せ)と市販の餡子を別々に持参。この暑さに餡子モノはもっちゃりしてるかなあと思ったものの、皮も餡子も「いけるやん!」と結構満足。

最中は食べる直前に餡子を入れるのがパリパリして香ばしく美味、と言うことで有名な「たねや」なんかも皮と餡を別々にしたものを売っています(京橋のコカルドも注文を聞いてからシュー皮にクリームを詰めて売っています。)が、自分で作ること自体もおままごとチックで楽しい。(幼児退行?)

顔の方は「前」「後ろ」とで1対なのですが、「前」「前」を貼り合わせてしまい、猫化けになっている最中もありました。

餡子だけでなく抹茶アイスも詰めた最中が最高に美味しかったのですが、すぐに食べないと貼り合わせたところから猫がダラダラと緑色の汗をかくので見た目がちょっと・・・。

甘い物だけでなくポテトサラダなんかを挟んでも良さげです。

大阪の行政書士事務所201407猫最中

 

 

 

 

 


大阪の行政書士事務所201407猫最中2

スイカ三昧

大阪の行政書士事務所201407スイカ

 

 

 

 

 

 

体がよほどカリウムを欲しているのか、スーパー万代都島店で1/8切だの1/6切だの290円~490円でを買って事務所でも家でもスイカを食べまくる毎日。スイカの爽やかな甘さと冷たさにささやかな幸せを感じています(お陰でゴミが重い重い)が、ある日「こんなに沢山食べるなら1個買いの方が超お得やん!」と開眼?しました。(写真は1個千円の金沢スイカ。)

それにしても、昔のスイカはもっと種が多くて皮も分厚かった様な気が・・・。生産者のたゆまぬ努力に感謝です。

小学生の時は毎年のプール開きにあたり子供達がプールを大掃除することになっていて、掃除の後にPTAのお母さん達が「お疲れ様~」とスイカを出してくれるのだけど、プール開きの前だから本格的な暑さではなく、冷えたスイカを海パン姿で震えながら食べたものです、と言ってた人がいました。

夏の青空の下、大掃除が済んでキラキラのプールとお盆を手にニコニコ顔のお母さんたち。唇を紫にしながらもスイカを食べる小学生。幸福な1枚の絵と言う感じです。


大阪の行政書士事務所2014年7月水曜日のネコ

 

 

 

 

 

 

 

見た目も涼しげなベルギー(風)ビール。「ヒューガルデンホワイト」を意識したネーミングなのでしょうか。オレンジピール入りでフル~ティ~なお味。