タグ別アーカイブ: 北新地

大阪歴史散歩  4  堂島・北新地

大阪歴史散歩

 

 

 

 

 

淀屋橋の名の由来となった「淀屋」、江戸時代初期には他に並ぶ者の無い豪商として知られたが、「奢侈」を理由に取り潰された。この淀屋で始まったのが米相場である。淀屋の闕所後は米の売買は堂島で行われることとなった。その盛況ぶりは井原西鶴(1642~1693)の「日本永代蔵」にこぼれた米を拾い集めた老女が大変な金持ちになったという話があることでも知れる。ここで始まった米の先物相場が世界でも初めての先物であったという。

米価の上がり下がりに自身の身代の全てを賭け、儲かれば大尽、損をすれば乞食というような浮き沈みの激しい日々を送った人々が、かってここにはいた。中之島のガーデンブリッジの北岸に米相場跡の碑があるが、この碑に記されている「濱」の字は、ここで生きる人々のプライドを示すものであったという。この字を染め抜いた羽織を着ることが堂島に生きる者の誇りであったのである。けったいな気質は落語の『米上げイカキ』などでも十分に語られている。米と株式の違いはあるが、こういう気質の一つの到達点が中之島公会堂を建てた岩本栄之助(1877~1916)であったことは確かだろう。

かつて堂島川からは、蜆川が分岐し、再び堂島川に流れ込んでいた。従って堂島は文字通りの「島」であった。この蜆川は明治の大火の後に瓦礫がどんどんと放り込まれた結果、川が無くなってしまったそうである。今日、その川跡にはびっしりとビルが建っており、我々はかつての川の右岸と左岸の道を歩いていることになる。

堂島アバンザビルの東側には堂島の語源となった堂島薬師堂がモダンというか異様というか、他には無い姿を見せている。その前には国産ビール発祥地の碑がある。長いことこの辺りのランドマークであったダイビルは新しい姿に生まれ変わりつつある。旧ビルの上層階の四方に居て、辺りを睥睨するかの如き姿を示していた羊の像は、どうなったのだろうかと思っていたら、露天下に置かれていた。再び、置くべき所に置かれるのであろうか。

ここから蜆川(今は無いが)を渡ったところが北新地である。梅田などは往時は田んぼの広がる農村地帯であったことを考えると、文字通りに北に開かれた新地であったことが分かる。新地は、近松の心中物にも随分と題材を提供したところである。中でもよく知られるのは『曽根崎心中』であるが、ここからお初と徳兵衛が心中した曽根崎の森までの道行きはさほど長くない。今ひとつは『心中天の網島』で、その舞台である河庄の跡と考えられるところは蜆川の碑の近くらしい。ここから京橋に近い網島まではそこそこの距離である。

これらの場所を巡るのには30分もあれば足りる。かつての蜆川の岸沿いをさらに西に行けば「桜橋」跡の碑なども見ることができる。


米相場跡
米相場跡

 

 

 

 

 

 

 

 

蜆川跡
蜆川跡

 

 

 

 

 

 

 

 

堂島薬師堂
堂島薬師堂

 

 

 

 

 

 

 

 

国産ビール発祥地
国産ビール発祥地

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビルの羊
ダイビルの羊

 

 

 

 

 

 

 

 

曾根崎川の碑
曾根崎川の碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北新地の南北6道に通称名がつきました

言われて初めて新地の南北の通りに名前がないことに気づきました。「永楽町通り」「新地本通り」「堂島上通り」「船大工通り」などの通りの名前をおさえておけば、後はお店の名前とかで適当に説明できたからでしょうか。

新しい通り(筋)の名前は「東筋」「中筋」「西筋」「西口筋」「東口女坂筋」「中央河庄筋」だそうです。

この中では「中央河庄筋」と言うのが何やら曰くありげです。「茶屋河庄跡」の碑にちなんだそうですが、何でも「心中天の網島」で紙屋治兵衛と曽根崎新地の遊女小春の道行が始まったのが河庄と言う茶屋なのだとか。

近松の世話物で特に有名なのは「曽根崎心中」「心中天の網島」「冥途の飛脚」だと思うのですが、主人公の男どもは、どいつもこいつも今で言う「ダメンズ」で、公金を使い込んだり、簡単にだまされたり、ウジウジとイジけたり、格子に縛られて辱めを受けたり、んもぅホントになんでこんな情けない破滅型の男に入れ揚げて一緒に死んでしまう同性(母性が豊かなのか?)がいるのかなーと思うのですが。

文楽好きの私としては一応どの作品も抑えてはいるものの、若いお二人さんにはあまり感情移入出来ず、最も感情移入してホロリとなったのは「冥途の飛脚」でダメ男忠兵衛と遊女梅川(JR尼崎に銅像があります)が忠兵衛の生まれ故郷である大和・新口村を訪ねるシーン、雪の中、二人を涙ながらで見送るゴマ塩頭のお爺さん(忠兵衛のお父さん孫右衛門)の姿なのでした。

関連頁「大阪の風俗営業許可」はこちら
中央河庄筋

北新地本通りど真ん中

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

はじめまして、としやんです。 ワイン愛好歴30数年、飲んだワインボトルの数も5,000本までは覚えていたような、、、 そんな私がおもいつくままに、ワインにまつわるちょっといいはなし、ほろにがい思い出を綴りたいとおもいます。
さて、サラリーマンの憧れ・大阪は北新地に流れついて幾年月、世に言う(ワインバー)の数はわずか50軒とか。毎週1軒行けば1年で制覇できます。
そんななかで、北新地本通りど真ん中に位置するカウンター6席・テーブルは一つのお店が初回ご紹介の店「○○り」。
三文字の看板は品良く、ビル入口には「この階段を登った先に新しい世界が拡がります」と小さな文字。
クラッシックで重厚感のある扉を開くと、そこに人生の楽園が現れ、ジャン・レノ(をちょいと太めに)したような楽園の道先案内人が、やさしく迎えてくれます。
客は黙って座り、きょう今の気分を伝えましょう。多く語りたくなければ、気分を色に変えてブルーでもピンクでも大丈夫。
ワインにうるさい貴方なら、短く「泡・白・赤・ピンクじゃなくてロゼ」で結構。マスターが迷子にならないように、セレクトしてくれます。一日ビジネス戦士を務めたジェントル、華麗に舞ったビジネス聖女のレディも、あとはお任せ。もちろん(ゴルゴンゾーラのポテサラ)(トリュフの冷製パスタ)もオンメニュー。 夜は6:00オープン翌朝3:00まで続きます。
ころり変わって、酔いどれ・としやん(私です)は25歳の冬をまたずに、ワインバーならぬシヨットバーで出会った女性に一目惚れ、強引なアタックで生涯の伴侶を見つけました。以来二人で飲み歩くこと10数年。めっきりアルコールに強くなってしまった奥様。 今はおんな吉田 類(you know?)を自負し、お気にのワインを探しに行ってます。 行ったままです。♫帰ってこいよ~帰ってこいよ~ 帰ってこ~いよ~(´;ω;`)
さて夜も更けて酔っ払いを送り出した、北新地ワインバーのマスターは、これからもうひと仕事。
可愛い娘のお弁当を作ります。きょうはおむすび一個にだし巻きたまご、からあげくんにミニトマト。ブロッコリーも忘れずに、、、。
始発電車の時がきて、新地から眺める朝日が眩しい、そしてワインの美味しい季節です。

toshikazu hara

2010年10月×日  まくろびお(大阪市北区曽根崎新地)

☆大阪の行政書士、川上恵です☆

まくろびおさんに久々におうかがいしました。
嬉しいことにマクロビおせちも予約受付中と言うことで早速予約。

玄米菜食れすとらん まくろびお

大阪の行政書士事務所 ブログ画像

*この記事の日付「○日」はWordpress移行に際し便宜上割り振ったものです。