タグ別アーカイブ: 堂島

大阪歴史散歩  4  堂島・北新地

大阪歴史散歩

 

 

 

 

 

淀屋橋の名の由来となった「淀屋」、江戸時代初期には他に並ぶ者の無い豪商として知られたが、「奢侈」を理由に取り潰された。この淀屋で始まったのが米相場である。淀屋の闕所後は米の売買は堂島で行われることとなった。その盛況ぶりは井原西鶴(1642~1693)の「日本永代蔵」にこぼれた米を拾い集めた老女が大変な金持ちになったという話があることでも知れる。ここで始まった米の先物相場が世界でも初めての先物であったという。

米価の上がり下がりに自身の身代の全てを賭け、儲かれば大尽、損をすれば乞食というような浮き沈みの激しい日々を送った人々が、かってここにはいた。中之島のガーデンブリッジの北岸に米相場跡の碑があるが、この碑に記されている「濱」の字は、ここで生きる人々のプライドを示すものであったという。この字を染め抜いた羽織を着ることが堂島に生きる者の誇りであったのである。けったいな気質は落語の『米上げイカキ』などでも十分に語られている。米と株式の違いはあるが、こういう気質の一つの到達点が中之島公会堂を建てた岩本栄之助(1877~1916)であったことは確かだろう。

かつて堂島川からは、蜆川が分岐し、再び堂島川に流れ込んでいた。従って堂島は文字通りの「島」であった。この蜆川は明治の大火の後に瓦礫がどんどんと放り込まれた結果、川が無くなってしまったそうである。今日、その川跡にはびっしりとビルが建っており、我々はかつての川の右岸と左岸の道を歩いていることになる。

堂島アバンザビルの東側には堂島の語源となった堂島薬師堂がモダンというか異様というか、他には無い姿を見せている。その前には国産ビール発祥地の碑がある。長いことこの辺りのランドマークであったダイビルは新しい姿に生まれ変わりつつある。旧ビルの上層階の四方に居て、辺りを睥睨するかの如き姿を示していた羊の像は、どうなったのだろうかと思っていたら、露天下に置かれていた。再び、置くべき所に置かれるのであろうか。

ここから蜆川(今は無いが)を渡ったところが北新地である。梅田などは往時は田んぼの広がる農村地帯であったことを考えると、文字通りに北に開かれた新地であったことが分かる。新地は、近松の心中物にも随分と題材を提供したところである。中でもよく知られるのは『曽根崎心中』であるが、ここからお初と徳兵衛が心中した曽根崎の森までの道行きはさほど長くない。今ひとつは『心中天の網島』で、その舞台である河庄の跡と考えられるところは蜆川の碑の近くらしい。ここから京橋に近い網島まではそこそこの距離である。

これらの場所を巡るのには30分もあれば足りる。かつての蜆川の岸沿いをさらに西に行けば「桜橋」跡の碑なども見ることができる。


米相場跡
米相場跡

 

 

 

 

 

 

 

 

蜆川跡
蜆川跡

 

 

 

 

 

 

 

 

堂島薬師堂
堂島薬師堂

 

 

 

 

 

 

 

 

国産ビール発祥地
国産ビール発祥地

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビルの羊
ダイビルの羊

 

 

 

 

 

 

 

 

曾根崎川の碑
曾根崎川の碑