タグ別アーカイブ: 天満橋

大阪ダックツアー

としやんのワイン四方山話

 

 

☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

安・近・短で大阪ダックツアーに行ってきました。水陸両用バスで巡る水都大阪90分の旅です。

ダックなのになぜかカッパの絵が描れた、ド派手な車体は天満橋をスタート。土佐堀~御堂筋~本町通りと走り桜ノ宮公園の狭いスロープよりワン・ツー・ゴー♫の掛け声ともに大川(旧淀川)にスプラッシュインします。 ガイドさん曰く「10回に1回はそのまま沈みます」今回残念ながら、サプライズは無くバスは瞬時にクルーザーにと変身して、ゆっくりと大川を流れていきます。右手に桜ノ宮公園の並木、左手には大阪城と旅の視点も変化します。

古い歌にあるように大阪は八百八橋(本当は200程)水辺とともに発達したのがよくわかります。 近年あらためて「水と光のまちづくり」→中之島ゲート・北浜テラス・とんぼりリバーウォークというように 進んでいます。 ワラケルノガ、橋下さんの作った桜ノ宮ビーチ・幅140mの人口砂浜です。遊泳禁止です。

先日、大阪都構想が否決されましたが橋下市長にはスケール大きく都島橋から毛馬橋にかけてマングローブの林を作って大阪熱帯クルーズツアーとか天満橋の噴水ショー(ラスベガスのパクリ)さらには水質改善して、道頓堀からのトライアスロンなんて実行して欲しかった。

今回ご紹介のお店は「天満橋リバーカフェ」「GARBweeks北浜」です。

天満橋のお店は夜対岸にライトアップされた景色を楽しみながら、わいわいがやがやワインとタパスでヒートアップしましょう。GERBはいつも圧倒的に女性客の多い店で、ガールズバーベキュープラン(ピンチョス、海老のスパイシーソテー、窯焼きマルゲリータ)あり。飲み物はサングリアにトロピカルカクテル、イタリアンソーダもあります。

ウオーターフロントという言葉が生まれて、かなりな時間が過ぎています。全国的にオシャレな水際ビジネスが浸透しています。 魚も人も自由に泳ぐことができる「綺麗な川」を復活してもらいたいとおもいます。そして大阪は大阪らしく、水辺に立ち並ぶ手作り屋台で、気軽に串カツ焼き鳥、たこ焼き・いか焼きなんかを肴に、きつね(けつね)うどんも忘れず。ビール 日本酒 焼酎 ワイン 飲むも良し、リーズナブルなナイトクルーズで気分転換もまた良し。

おもろいまちづくり しましょう。