タグ別アーカイブ: 梅田

定款や全部事項証明書の事業目的について(風俗営業)

18歳未満プレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
検査の日に浄化協会さんからこんなプレートが買えるやなんて・・・。(1枚300円也)

「18歳未満のお客様のご入場をお断りします。」に違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

どんな違和感かと言うと、いしいひさいちのマンガで、ある新入社員にエラそうに威張り散らしていた管理職の人、別の社員から「(この人は)専務のお子さんですよ。」と耳打ちされて、「専務のご子息だからと言って、特別扱いすることは決してないので、何卒よろしくお願いつかまつります。」(正確な表現は失念)と段々卑屈な態度になっていくのがあるのですが、そんな感じの違和感です。

だって・・・だって・・・・、一応は「お客様」って認めてるわけでしょ。矛盾を感じるわ~。

「18歳未満の方」と言う表現にすると、「酒屋(または花屋)の配達の子が18歳未満だとどうするねん?お店に入られへんの?」と言うことで、いろいろ考えて慎重な表現になったのでしょうか。

でも、そこまで厳密に考えなくても~、と思いません?お勉強がすっごく出来た人が作るととこう言う表現になるのでしょうか。

「18歳未満の方は客として認めませんっ!」と言う意味なんでしょうけど、無難に、よくある「18歳未満の方のご入店をお断りいたします。」にしといて、「なら、17歳の丁稚どんがお酒の配達に来た場合はどうなるの?」と聞かれたら、「それは屁理屈!」と突っぱねたらいいのでは~?

そのあたり、浄化協会の方に尋ねたら(尋ねるか?)、「うーん、私らが考えたのと違うので~。」と言う極めてまっとうなお返事でした。

前に、申請書にめちゃくちゃな証紙の貼り方をして(証紙の額面が低くて通常よりも枚数が多かった。そして風営の場合は建設業の様に貼付専用の用紙がなく申請書そのものに貼り付けるため、貼るスペースが狭かった。)」警察の方に「気持ち悪くないですか?」と質問された私ですが、逆に「気持ち悪くないですか?」と聞いてみたい気がします、って言うか聞いてみたい。

18未満と言えば、あれは遠い夏の日。豊臣秀吉が未だ羽柴藤吉郎と呼ばれていた頃。(このフレーズ、知ってる人は知ってるし、知らない人は全然知らない、です。)

私たち高校生男女のグループは某ディスコを目指し、梅田の商店街を闊歩していたのでありました。

「入口で年齢確認があるから、ほんまの年を言うたらあかんで!」「干支も聞かれるかも。」(年齢を証明するものの提示を要求されると言うようなことは全くアタマにない。)と言うことで、(入店可能年齢の)干支まで事前確認した私たちですが、あえなく門前払いになりました。

入店を拒む黒服に対して「えっ、だって私たち〇〇年生まれやのに!」と抗議する私たちウソつき集団。

でも、入店拒否は年齢がバレたからではなく、1人の男子がビーチサンダルを履いていてお店のドレスコードにひっかかっていたからなのでした。ビーチサンダル、略してビーサン・・・今だったらあり得ないですね。と言うことで、そもそも年齢なんて聞かれもしませなんだ。

で、何だか長くなりましたので表題の件は近日中にUPいたします。

関連頁「大阪の風俗営業許可」はこちらから

淋しい熱帯魚

としやんのワイン四方山話

 
☆としやん(ゲスト)の寄稿文です。☆

先日チェーホフの「三人姉妹」を観劇しました。上流社会の人たち、夢に破れ、さ迷い、再びモスクワに帰ることだけに夢と希望をつなぎながらの人間模様。 冷涼で広漠とした大地に流れる灰色の時と彼らの寂寥感、、、。心が痛い。

宮沢りえは凛として美しく、蒼井優は妄想をはるかに超え、可愛い。

イヤイヤ、一番の感動はマッサンでお馴染み堤真一が舞台に映えその存在感は光輝き、カッコいい~。彼のパッションは、突きぬけていました。昔、京香さまが惚れたのがよくわかる(余談でした)

さて小市民の私の小さな夢、広いリビング大きな水槽で熱帯魚を飼う。アルビノネオンテトラ・ブリリアントグリーンディスカス・アラビアンエンゼルフィッシュ・カクレクマノミ(ニモ)アクアプレコ ♬さかなさかなさかな~ぎょぎょぎょ~

てなわけで?今回ご紹介のお店は「心斎橋ライム」「梅田ライム」です。

深海をイメージした漆黒で広い店内、9面のアクアリウムには1万匹の熱帯魚が舞い踊ります。カップル席の目の前には二人だけの海底が展開します。竜宮城で時の経つのも忘れて、、。料理はというと、今なら熟成ローストビーフ贅沢食べ比べ・バーニャカウダ・牛すじひつまぶし・特製チーズケーキもあります。 フリードリンクも充実、オリジナルカクテルにビール、赤・白ワインにスパークリングワイン(試飲用のワインもあり)ソフトドリンクもいっぱい。誕生日の主役にはサプライズも、、、、。

さて春は別れと出会いの季節。そしてマッサン曰くの「挑戦と冒険」が似合う時です。私の住む北摂には今1300戸を超えるマンションが立ち並び、パナソニックが全額寄付で賄うサッカースタジアムが建設されています。その近くには水族館もできる予定とか。街は刻々と変化します。人にも四季に合った表現と行動が必要です。

振り返り、この一年は自分の無力と商品価値?がよくわかった一年です。忘れることのない貴重な時になりました。古い人間ですが、チャレンジとアドベンチャーの気持ちで変化します。

SEKAI NO OWARI から始めよう