大阪でも受動喫煙防止対策がスタートしました!

 2018年7月、健康増進法の一部が改正され、望まない受動喫煙の防止を図るための様々な措置が設けられました。ここ大阪においても、2019年3月、大阪府受動喫煙防止条例が制定され、7月に施行されています。

【大阪府受動喫煙防止条例】
2020年4月~
<第一種施設> 学校・病院など・・・敷地内全面禁煙
<第二種施設> オフィス・事業所など・・・原則屋内禁煙(喫煙専用室でのみ喫煙OK)
<飲食店>   原則屋内禁煙(喫煙専用室でのみ喫煙OK)
注※喫煙専用室は文字どおり「喫煙専用」なので飲食等をさせることはNG
  「加熱式たばこ専用喫煙室」であれば、喫煙&飲食等がOK
「加熱式たばこ」・・・いわゆる電子たばこ。タバコの葉を加熱し、ニコチンを含むエアロゾル(気体中に漂う固体または液体の微粒子)を生成する 。
<喫煙目的施設> シガーバー、たばこ販売店、公衆喫煙所など・・・喫煙OK

ただし、以下①~③の全てに当てはまる飲食店については経過措置が設けられています。

①2020年4月1日時点で営業している飲食店
②個人経営又は資本金5,000万円以下の飲食店
③客室面積100㎡以下の飲食店
  注※2025年4月1日から③は「客室面積30㎡以下の飲食店」となります。

①~③の要件を満たす店が、「喫煙&飲食のどちらもOK」にする場合、下記のAかBかになり、いずれも「喫煙可能室設置施設」の届出が必要です。

注※喫煙エリアに20歳未満の人(全ての20歳未満)を立ち入らせることはNG 

A 「喫煙可能店」(お店の全部で喫煙&飲食がOK)
B 店内に「喫煙可能室」を設け、喫煙可能室において喫煙&飲食がOK 

その旨の掲示も必要です。

↓ステッカー↓