タグ別アーカイブ: 技能実習法

JITCOとWISE(法的保護講習)

JITCOテキスト

技能実習生の法的保護講習の際には、JITCOのテキストを利用しています。それには本当~に感謝しています、と前置きしておきます。

新法施行後は、法的保護講習の中に「技能実習法」がプラスされました。
根拠:主務省令第10条2項7号ロ(3)http://www.moj.go.jp/content/001239205.pdf

※書いてるのは今頃ですが、9月初旬の話です。

で、「技能実習法」のテキストの初版が2017年11月に出たのですが、風の噂で既に2版が出てるとのことで、そんなに早く出るかぁ?と面妖に思い、念のためにJITCOに問い合わせてみました。

したらば、「2版」ではなくて、2018年2月に「2刷」が出たのだとのこと。

なーんだ、それなら問題ないやんと思ってると、JITCOさん曰く、その2刷を出すに当たって初刷を少し修正したのだとのこと。

ここで、「どこどこを修正したのか知りたいものだ。」と思うのが人情じゃないでしょうか。それとも、私が強欲なんでしょうか。

「修正された箇所については、HP等で公開されてるのでしょうか?」(私だったら公開する。)と尋ねると「してません。」とのこと。

「正誤表みたいなものをFAXいただくことは出来ますでしょうか?」(私だったらFAXする。)と聞くと「出来ません。」とのこと。

「新しいのを買い求められるかこちらに来てご覧になるかです。」
「えっ、でも、そちらは東京ですよね?」と聞くと「そーです。」とのこと。

大阪から東京まで行って修正分を確認する情熱は私にはないし、買い求めるったって、(修正箇所が知りたいが故に)3ヶ月後に出たものを、もういっぺん買えってこと?もう持ってるのに。それこそ強欲と言っても過言ではない。

ついには、「過去に買った人には一切サポートしておりません。」と言うことでした。ここまでハッキリ言われると理不尽なことでもむしろ清々しいわ。

とは言え、このあたり、懇切丁寧な対応で私を癒やしてくれるWISEを見習って欲しい。(「立場がちゃいまんねん。」と反撃されるのを承知の上で。)

 

大阪の事業協同組合設立認可申請の頁はこちら