大阪のインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)届出

サイトの構築や制作にばかり関心がいき、届出がおろそかになっていませんか?
出会い系イラスト1

大阪の行政書士事務所報酬の目安大阪の行政書士事務所手続の流れ 大阪の行政書士事務所Q&A


大阪のインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)届出はおまかせください

平成20年12月、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律の一部を改正する法律」が施行されました。インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)を行おうとする人は予め公安委員会に届出をしなければなりません。
インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)をを行おうとする方はウェブサイトの作成、運営に長けておられる方が多いのですが、それでいて法的な縛りに対しては割と呑気なスタンスの方が多い様にお見受けします。(あくまで私の経験則です。)
出会い系サイトで知り合った人、それも青少年が犯罪に巻き込まれるケースが頻発しています。健全適正にウェブサイトを運営するのはもちろんのこととして、届出を怠り法を犯すことのない様にしましょう。


大阪のインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)届出 報酬の目安

インターネット異性紹介事業 営業開始届
54,000(税込)個人
64,800(税込)法人


大阪のインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)届出 ご依頼から届出まで 

① 先ずは「インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の件で。」とお電話ください。
06-6232-8763 または 090-4563-9231     お問い合わせフォームはこちら
大阪の行政書士事務所「電話はこちら」  06-6232-8763または090-4563-9231

大阪の行政書士事務所「矢印」
② 面談・要件調査・インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)報酬見積もり。

大阪の行政書士事務所「矢印」
③ 着手金のご入金を確認後、 当事務所にてヒヤリング、インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の届出必要書類を収集、作成。

大阪の行政書士事務所「矢印」
④当事務所にてインターネット異性紹介事業開始届(出会い系サイト)の届出。
(届出に先だち残金のお支払をお願いいたします。)

※所轄によっては本人届出(当方同行します)が必要が場合もあります。


大阪のインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)届出 Q&A

質問   代わりにインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の届出をしてもらうことは出来ますか?
答え   はい、委任状をいただきインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)を代理で届け出ます。ただし、警察署によっては、ご本人に行っていただく場合もあります。その場合も同行しますのでご安心ください。

質問   インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)をしようと思います。公安委員会に届けるだけで良いですか?
答え   この事業は、インターネット網を介して接続された利用者間の電気通信を媒介するサービスということになります。電気通信事業法第16条第1項の規定により、「電気通信事業届出書」を総務大臣宛に提出し届出番号を取得する必要があります。なお、当事務所はこちらの届出についても承っています。

質問 インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の欠格事由とはどのようなものでしょうか。
答え 下記①~⑥に該当する場合が欠格事由となります。

①  成年被後見人若しくは被保佐人又は破産手続き開始の決定を受け復権を得ない方
②  禁錮以上の刑に処せられ、又は出会い系サイト規制法、児童福祉法(児童に淫行させる行為)若しくは児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律に規定する罪を犯して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない方
③  最近5年間に出会い系サイト規制法第14条又は第15条第2項第2号の規定による命令(事業の停止等)に違反した方
④  暴力団員である方又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない方
⑤ 未成年者(児童でない未成年者にあっては、営業に関し成年者と同一の行為能力を有する方及びインターネット異性紹介事業者(以下「事業者」といいます。)の相続人でその法定代理人が①~④のいずれにも該当しない方を除く。)
⑥ 法人でその役員のうち前記の①から④のいずれかに該当する者又は児童があるもの

質問 インターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の届出について、個人と法人とでは、どちらが受理されやすいのでしょうか。
答え どちらだったら受理してもらいやすいとか受理してもらいにくいとか言うことはありません。個人法人どちらで届出されるにせよ、要件を満たして所定の手続を踏めば受理してもらえます(届出可能です。)。ただ、個人での届出でしたら、本人にだけ上記の縛りがかかりますが法人の場合は役員全てに縛りがかかります。


「大阪の川上恵行政書士事務所」へのお問い合わせはこちらまで
☆お問い合わせフォーム☆

電話 06-6232-8763 または 090-4563-9231
電話06-6232-8763 お急ぎの方は携帯090-4563-9231へ!